アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
「仕方なく」百姓やってます
ブログ紹介
私の大嫌いなもの。買い物、行列、お祭り、バーベキュー。
嫌いなもの尽くしの偏屈オヤジが、岡山の山奥で自給自足の暮らしを摸索します。
zoom RSS

いよいよ草刈りの季節です

2018/04/23 21:59
毎年、嫌でもやってきます。草との戦いの季節。
いよいよ今年も始まりましたーよ。
画像

5月になったら、田んぼに水を溜めはじめますので、その前に、アゼと周辺の草刈りを一通り済ませておこうと思います。
画像

いつものように、自走式で刈れるところまで刈って、あと刈り払い機で仕上げです。
取り敢えず、今日のところは、この2枚だけ。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


モミ蒔き、苗代作り

2018/04/20 20:07
風呂の残り湯に2日ほど浸けておいたら芽が出てきましたので、ムシロに広げて一昼夜陰干ししました。
画像

芽が出た様子は、こんな感じ。
よく伸びているのもあるし、まだ出かかっていて、少し膨れているだけのものもあります。まあ、このぐらいなら大丈夫でしょう。
画像

モミ蒔き機で苗箱に蒔き、
画像

田んぼに運んで、先日作った畝に、このように並べます。
画像

新聞紙を被せて、その上にビニールを被せて終わりです。
2週間ほどしたら苗は5、6センチぐらいになっています。ここで、ビニールを剥がします。一か月ぐらいで、15〜20センチに成長したら、いよいよ田植えです。
画像

それまでに、田んぼに水を溜めたり、アゼ付けや代掻きもしなければなりません。
忙しくなりそうです。

それにしても、今日は暑い一日でした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


苗代への水入れと種もみの消毒

2018/04/16 22:23
苗床の田んぼに水を入れ、畝を均等にならしました。
この畝に苗箱を並べるのですが、後で水位の調節をしたりする時、なるべく畝を水平にして、高さを揃えておく必要があります。
畝が水平かどうか、高さが均等かどうかをみるには、水を張ってみるのが一番手っ取り早いです。
画像

ついでに、水漏れしないように、アゼ際に泥を寄せておきました。
2日ほどして、アゼを付けます。
画像

そのあと、種もみの消毒です。
消毒液に一昼夜浸したあと、4、5日ぬるま湯に浸けて芽出しをします。
ぬるま湯は、私は、風呂の残り湯を30℃ぐらいにさまして使っています。翌朝には20℃ぐらいになっていますが、問題ありません。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


今年も長芋を植えました

2018/04/13 18:57
去年は10本だけでしたが、ご近所や親せきに好評でしたので、今年は欲張って20本植えてみました。
ホームセンターで買った種芋が12本。去年の芋から採った自前の種が8本です。
自前の種の方はちょっと貧弱で、ちゃんと生えるかどうか分かりません。

まず、先日、肥料を入れて耕しておいた畑に、深さ30cmぐらいの溝を掘ります。
画像

パイプに真砂土を入れて、溝の中にこのように並べて土をかぶせます。
種芋を置く位置(スプーンのようになっているパイプの先っぽ)には、割りばしで目印をしておきます。
画像

種芋の先端(芽の出る部分)が割りばしのところにくるように、芋を置いていきます。
画像

さらに土をかぶせて出来上がりです。
芽が出てきたら、マルチをかけ、支柱を作ります。
画像




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5


野菜置き場の片付け

2018/04/11 19:34
私の家の裏納屋。
ご覧の通り、もうボロボロです。今にも崩壊しそうですが、ところがドッコイ、こんな状態がもう何十年も続くのに、なかなか倒れるものではありません。
画像

ここは元々、牛の厩(牛舎)だったところです。
右のAの部屋で牛を飼い、左下の一段低くなっているBが牛糞置き場でした。
Bの牛糞置き場は、今はクワとかスコップなどの農具を置いていますが、Aとの境の壁に四角い穴が開いていて、そこから牛糞を下に落としていたようです。
なかなかうまく考えていますよね。
画像

牛糞置き場の上の部屋Cは、ムシロや藁、炭などを置いていたようです。
今は女房が、ジャガイモや玉ねぎの貯蔵庫として使っています。炭や藁は、今でもここに置いています。
この部屋は、中二階のようになっていて、湿気もなく、床が竹で出来ていて、風通しが良いので、野菜を貯蔵しておくのにちょうどよいのだそうです。
画像

今までは、藁束とか、炭の入った俵の上に、ムシロを敷いてジャガイモやカボチャを並べたり、竹を渡してニンニクや玉ねぎを吊るして使っていましたが、このように両側に棚を作って、キチンと整理して並べるようにしました。
画像

正面は元々、窓か障子があったところですが、今は無くなってポッカリと穴が開いています。
風通しが良いので、このままでもよいのですが、猫やハクビシンとかの小動物が入ってきたりして不用心なので、嵌め殺しの網戸を付けることにしました。
画像

これで取り敢えず完成です。

ここに使っている柱や、桟や棚板も、すべてご近所からいただいた廃材を利用しています。
これだけの材料をホームセンターとかで買うと、結構お金がかかりますが、今回は費用は0円です。
廃材ですから、あまりキレイではありませんが、建物自体が元々汚いところですし、土の着いた野菜を並べておくだけのところなので、そんなにピカピカにする必要はないのです。


記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


苗代の準備です

2018/04/08 22:02
田んぼに紐を引っ張って、クワで溝を掘り、土を盛り上げて畝を2本作りました。
画像

上面をザッとクワでならしたあと、藁ゴミなどを取り除きます。
画像

これは苗代用の畝です。
水を溜めて畝を平らにして、モミを蒔いた苗箱をこの上に並べて育てます。
画像

モミ蒔きは4月20日頃の予定です。


記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4


メロンの鉢上げ

2018/04/05 19:32
半月ほど前に蒔いたメロン苗です。
本葉が一枚出てきましたので、本日は育苗箱からポットの方へ移します。
画像

今回蒔いたのは49粒。あまり大きくはなっていません。良い出来栄えではないですが、49本全部芽が出ていて、大体、均等に育っています。
ポットの真ん中に指で穴を開け、苗を根から入れて軽く土で押さえておきます。
画像

タップリの水をやって、温床に並べて出来上がりです。
設定温度は22度。
もう半月ほどして、本葉が4枚ほどになったら、畑に定植となります。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


田んぼの耕運

2018/04/03 19:38
よいお天気がこの10日ほど続いています。
雨で水が溜まって、グショグショだった田んぼも、だいぶん乾いてきました。
天気予報では、また5日頃から雨が降るというので、この二日ほどしか耕す時はないと思い、今日からトラクターを入れました。
画像

思ったよりよく乾いていて、ずり込むことなく、隅々まできれいに耕せました。

これが終わったら、今度は水溜め作業です。
もう、いつ雨が降っても構いません。むしろ、たくさん降ってくれた方が、水溜めには助かります。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


メロン温室の肥料入れ

2018/03/31 21:18
私のメロン温室。
ご覧の通り、不格好な手作りの木造です。
市販の鉄パイプのビニールハウスなら、どこででもお目にかかれますが、手作りの掘っ立て小屋温室なんて、ちょっと見たことないのではないですか。
画像

2棟あって、手前の方を2012年に、向こう側を翌年の2013年に作りました
薄い0、05ミリ厚のトンネル用のビニールを使っていますので、毎年、必ず何か所かが、風でボロボロに破れてしまいます。
画像

その都度、切ったり貼ったりして凌いできましたが、さすがに5、6年も経ってくると、雨のあたる扉の部分や、骨組みの木材も、地面に接している下の方は湿気で腐ってきまして、メンテナンスもなかなか大変になってきました。
そろそろメロン作りも限界かと思っています。
画像

でもまあ、取り敢えず、今年だけは頑張ってみようと思い、破れたビニールを張り替え、扉の壊れた蝶番を付け直したりして、そのあと肥料と石灰を入れて中を耕しておきました。
画像

苗の方は順調に大きくなっています。そろそろ、双葉の間から、本葉が出てきました。
温室への定植は、4月の中頃になりそうです。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


自然薯畑の準備

2018/03/29 21:40
私の家の菜園畑です。
手前が二ンニク。女房が作っています。
去年は結構たくさん採れて、古い炊飯器を使って、「黒ニンニク」とかいうのを作って食べさせてくれました。
あまり美味しくはありませんが、精力がつくのだそうです。ニンニク臭は全然しません。
画像

真ん中のマルチはイチゴです。
温かい日が続き、順調に大きくなっています。
そろそろ、白い、可愛らしい花が咲き始めています。収穫は5月中頃ぐらいからでしょうか?
画像

今年は、端っこの赤で囲った三角地帯に、自然薯か長芋を植えようかと思っています。
去年10本植えて、割合良く採れたので、気を良くし、今年は20本に増やそうかと考えています。果たしてうまくいきますかどうか…。
画像

取り敢えず、草ボーボーでしたので、ザッと草削りをしてから、肥料と石灰を振って管理機で耕しておきました。
画像

植えるのは4月20日頃の予定です。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


ブドウ棚、屋根部分の修繕

2018/03/22 19:13
ピオーネの支柱です。
屋根のビニールは毎年張り替えていますが、今回は屋根の骨の部分も修繕しておきます。

下の柱の方は、ヒノキの丸太でしっかりと作ってあるので、何年経っても大丈夫なのですが、屋根の部分は、竹を渡して、その上に園芸用のアーチで骨組みを作ってあるだけの簡単なものです。
画像

やはり竹では駄目ですね。
たった2年でもうボロボロに腐ってしまいました。

という訳で、今回は、この腐った竹の部分を、しっかりとした角材で作り替えることにしました。
ちょうど、昨年近所の方からいただいた廃材の中に、手ごろな角材がありましたので、これを使うことにしました。
画像

年中雨に晒されるところですので、このように防腐塗料を塗ってから、穴をあけて、園芸用のアーチを差し込み、針金で固定します。
画像

それらを支柱に取り付けて、アーチ部分がグラグラしないように、上部を繋げます。
これで骨組みは完成。
このあと、ビニールを被せて、パッカーで留めれば出来上がりです。
それはまた後日行います。
画像

まだ梢の新芽は出ていません。
4月になったら、ボチボチ芽吹いてくるのかな?  楽しみです。



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


メロンの芽が出ました

2018/03/20 19:21
17日に蒔いたメロン。
中2日置いて、3日目の本日芽が出ました。
予定通りです。一晩種を水に浸けておいたのが良かったのだと思います。
画像

朝、見たときは、まだ全然日があたってなかったので、葉っぱが黄色いモヤシみたいな色でしたが、半日、太陽の光に晒すと、元気な緑色に変わってきました。
植物には太陽の光は大切ですね。
画像

済みません。ちょっと写真がボケてしまいました。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


メロンの種蒔きました

2018/03/17 21:16
昨年と同じく、パンナTF、100粒入り。
今年は、50粒ずつ2回に分けて蒔きます。2回目は3月末ごろの予定。
一晩水に浸けて、芽を出やすくしておきました。
画像

昨年よりちょっと大きめの苗箱を使います。
10粒ずつ、5列に蒔きます。
種を置く方向を揃えて蒔きますと、芽が出たときカッコよく揃うのです。まあ、当たり前ですけど。
画像

軽く土をかぶせて、水をかけて新聞紙で覆い、温床の地温を30度ぐらいに設定しておきます。
予定通りいけば、中2日おいて、3日目に芽が出ます。
さて、どうなることか…。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


田んぼの内アゼ切り

2018/03/15 21:59
今年もいよいよ米作りにむけてのスタートです。
まず最初の仕事は、田んぼの「内アゼ切り」から始まります。
画像

スコップで、去年つけた古い内アゼを削り落としていきます。
これが腰を使う仕事で、なかなかしんどいのです。
4月になったら、もう水を溜めはじめなければならないので、3月中にもう一度トラクターで耕しておこうと思います。
画像

良いお天気が続いて、よく乾いてくれればよいのですけどね。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


薪作りその5…割って、積んで、終わりです

2018/03/13 22:06
先日、玉切りした丸太を、本日は斧で割りました。
今回は細めの木が多かったので、割る方の手間はあまりかかりませんでした。
画像

ストーブには、大きめの薪の方が火持ちがして良いのですが、風呂の方は焚口が小さいので、あまり太いものは入りません。
細いのがたくさんあった方が、風呂用には重宝しています。
画像

割ったあとは、この冬に使って空っぽになった薪置き場に、運搬機で運んで、補充します。

薪ストーブ愛好家というのは、薪置き場に空いたスペースがあると、何だか気になって落ち着かないのだそうです。一生懸命薪割して、ギッシリといっぱいに詰まった薪だなを、ニヤニヤして眺めながら、自己満足に浸るのが、何よりの楽しみなのだそうです。
変な人たちですよね。
画像

私の場合は、まだ、空いたスペースはありますが、もう少しですので、また追々、ヒマな時にでもやろうかと思っています。
そろそろ、田んぼの方の準備にかからなければならないので、薪づくりは、今回はこれで終わりです。

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


薪作りその4…玉切り

2018/03/11 21:40
山から持ち帰って、裏の方に放り投げていた丸太を、本日は40cmぐらいに玉切りします。
丸太の太さによって、使う道具を替えています。
まず、このようなデカいもの(直径15センチぐらい以上のもの)は、チェンソーも45cmの大きいものを使います。馬力が大きいので、30cmぐらいなバカでかいやつでも、スパスパと大根を切るように切ってくれます。
画像

次に中ぐらいのもの(直径10cm前後のもの)は、エンジンでなく、電気チェンソーを使います。
エンジンチェンソーでは、切った丸太を取り除けたり、馬に乗せ換えたりするときに、いちいちエンジンを止めたりかけたりが面倒です。かけっ放しだとうるさくてかなわないし、ガソリンも食います。
その点、電気チェンソーだとスイッチ一つでオンオフできるので大変便利です。
画像

直径4cm以下の細い小枝の時は、このような卓上丸ノコを使います。
40cmの線に合わせて小枝を置いて、上から丸ノコを下すだけなので、いちいちチェンソーで切るよりは素早く簡単に出来、結構便利です。
細い丸太を切るには、チェンソーでまとめて「ゴン太切り」というような方法もありますが、私はこれを使っています。
画像

一日がかりで、何とか玉切りだけは終わりました。
一生懸命頑張れば、もっと早く終わるのですが、途中で近所の人とグダグダと話をしたり、お茶を飲んだり饅頭を食べたりして、休み休みのんびりやってるので、結構時間がかかりました。
画像

さて次回は、いよいよ斧で割って、薪置き場に積み上げる作業です。
まあ、腰を痛めない程度に、適当に頑張ります。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


メロン苗用の温床を作る

2018/03/09 21:37
毎年のことですが、道楽でメロン栽培をしています。
メロン作りは、結構手間がかかる割には、なかなか上手に作れないので、もうやめようかと思いましたが、まあ、今年だけは頑張って作ってみることにしました。
画像

取り敢えずは、苗を育てるための温床作りです。
温床というのは、大体は、たい肥の発酵熱を利用して作りますが、私の場合は手っ取り早く電熱マットを使います。
箱の中に断熱材と電熱マットを敷いて、上部をビニールで覆います。
画像

まず、角材で木枠をこしらえて、
画像

5か所ほど穴をあけて、園芸で使うトンネル用のアーチを差し込んで固定し、
画像

それを電熱マットを敷いた箱に蝶番で取り付けて、蓋のように開閉できるようにします。
蝶番がドア用なので、ちょっと大きすぎましたが、手元にこんなのしかなかったので、あるものを利用しました。
画像

そのあと、木枠にビニールを貼り付けます。
ビニールをしっかり押さえるために、ベニヤ板の下に発泡スチロールを切ったものを挟んでみました。
画像

こんな感じで出来上がりです。
メロンの種まきは3月15日ごろの予定です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


薪作りその3…運搬

2018/03/06 21:42
久しぶりの更新です。
実は、ちょっと前にギックリ腰になって、一週間ほど、自宅で何もせずにグズグズと過ごしていました。
腰を痛めると何も出来ませんね。寝転んでテレビを見るぐらいが精々です。
机に向かってパソコンしたり、車の運転などしてると、椅子に座っている間はいいのですが、次の動作に移る時が大変。痛くて立ち上がれなくなってしまいます。
いやいや、苦労しました。
お金なんかなくていいから、健康が第一だと、つくづく感じました。
でもまだ、私なんかいい方です。病気で何か月も、何年も動けないでいる方は、本当にお気の毒だなと思いました。
画像

さて、昨日ぐらいから、腰の方もやっと治ってきましたので、今日から山の方の仕事に出かけました。
伐採の方、大体終わりましたので、今度は切った丸太を家まで運ぶ作業です。
画像

軽トラで5往復ほどしたら、けっこうくたびれました。
まだ山の方には、もう半分ぐらい残っていますが、あまり無理をして、また腰を痛めてもまずいし、家の方の置き場も狭いので取り敢えず今回はこれだけ。
切って割って、片付けてから、第二段を持ってくることにします。
画像

…と、いうわけで、次回は玉切りです。
大体、120cmに切って持ち帰っていますので、これを3分の1の40cmほどに切り揃えます。40センチが、ストーブにくべるのに、ちょうどよい大きさなのです。
今回は細めの木が多いので、割る方の手間はあまりかからないと思います。
記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4


イチゴの肥料やり

2018/02/22 18:59
ちょっと前に吹いた大風で、イチゴの霜よけのビニールが吹き飛んでしまいました。
画像

ビニールが捲れたついで、と言っては何ですが、株の周りに雑草がたくさん生えていたので、草抜きをしてきれいにしておきました。
画像

そのあと、液肥をやって、もう一度ビニールを被せておきました。

去年は豊作で、ジャムをたくさん作りました。毎日、パンに塗って食べていますが、まだまだ在庫があります。
画像

他にもイチジクやユズのジャムもありますので、ジャムに関しては、今年のイチゴの収穫時期まで、何とか自給できそうです。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


薪作りその2…伐採

2018/02/19 21:13
今日で4日間、伐採作業を行っています。
足場がよくないので、なかなかチェンソーが扱いにくいです。
画像

上の方、カズラが巻き付いたりしていますので、伐った木が、思わぬ方向に跳ね返ってくることもあります。
メキメキと傾きかかったら、すぐに安全な場所に逃げることを第一に考えています。
画像

木を伐るのは簡単ですが、伐った後の処理が大変。
カズラや小さい枝をナタでぶった切って、細かくして、邪魔にならないところに片付けておきます。
画像

そのあと、倒木を運びやすい120cmぐらいの長さに切っていきます。

今日のところはこの程度。まだ、この5倍ぐらいの量は確保しておきたいところです。
まだまだ、伐採は続きます。
画像


記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

「仕方なく」百姓やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる