アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
「仕方なく」百姓やってます
ブログ紹介
私の大嫌いなもの。買い物、行列、お祭り、バーベキュー。
嫌いなもの尽くしの偏屈オヤジが、岡山の山奥で自給自足の暮らしを摸索します。
zoom RSS

大豆畑の草取りと中耕

2017/07/15 22:01
5月の終りに蒔いた大豆畑です。
順調に大きく成長していますが、同じように雑草の方もよくおごっています。
画像

このところの雨で、雑草が一気に伸びてきました。
本日はその雑草取りです。雨で土が柔らかくなり、草は抜きやすくなっていますが、根元の土が団子のように固まって、パラパラとほぐれてくれません。
もう少し乾いてから取れば良かったかなと思いました。
画像

草取り終了のあとは、中耕です。
畝と畝との間の溝を、管理機で耕したあと、クワで土を両側の株元に寄せて盛り上げます。
画像

このような感じで出来上がり。まあまあきれいになりました。
でも、一か月もしない間に、すぐに草は伸びてきて、またボウボウになります。
大豆の方が大きく茂ってきたら、草もあまり生えなくなりますが、それまでにもう一度ぐらいは草取りする必要がありますね。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1


小麦の脱穀と選別

2017/07/07 22:44
2週間ほど前に刈り取り、ハサ掛けして乾かしていた小麦を、本日脱穀、選別しました。
画像

このところ雨続きで、今日も、降ったり止んだりのお天気でしたが、、屋根のある温室内でやりましたので、濡れることはありませんでした。
でも、周囲がビニールで囲まれていますので、戸をあけ放っていても、地獄のような暑さです。
汗びっしょりになり、熱中症で頭がボーッとなって倒れそうでしたが、何度も外に出て、ポカリスエットをがぶ飲みしながら、何とか凌ぎました。
画像

今年の収獲は、40、7キロ。
去年と同じ畑で、同じ作付け面積ですが、去年よりは4キロほど多く採れました。
まだ、シイナとかもみ殻が完全には分離されていませんが、あとは製粉の時、その都度、もう一度きれいに選別しますのでこれで大丈夫です。
むしろの上で、もう少し乾燥させてから、袋に入れて保存します。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


ピオーネの袋かけ

2017/06/30 20:33
ブドウ棚です。
6月6日にジベレリン処理の一回目、20日に二回目をしています。だいぶん、実の方が大きくなってきましたので、本日は袋かけです。
画像

このように、スッポリと包み込んで、上側をすぼめ、針金でグルッと巻きつけます。
針金は一つの袋に一本ずつ、ちゃんと貼り付けてあります。便利ですよね。
画像

写真のような感じで出来上がり。収獲は8月の終り頃になると思います。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


抜根(バッコン)を頼まれました

2017/06/26 22:22
これは、近所のおばあさんの持っている田んぼです。
この下の大きい田も、同じおばあさんのものですが、下は人に貸して作ってもらっています。
上の方は小さいので、借り手がなく、荒れるままに放っておいたようですが、近々、定年になった息子が戻って来て稲を作るとかいうことで、草刈りをしてきれいにしていました。
画像

何年も手入れをしていないので、草ボウボウ。灌木やカズラも生え放題で大変だったそうです。
直径5、6センチにもなっていた立木は、チェンソーや鉈で小さく切り刻んで燃やしたようですが、問題は抜根です。
クワやスコップではとても無理、ということで、急きょ、ユンボで応援を頼まれました。
小さくても、さすがにユンボの力は凄いですね。4、5本あった灌木の根を、ものの数十分で、チャッチャと掘り起こしてしまいました。
画像

チョコッと一時間ほど出動しただけですので、お礼はいらんと言ったのですが、どうしても払うとおっしゃるので、あまり断るのも悪いので、じゃ、時給千円として、一時間だから千円ちょうだいと言って、貰いました。
大体、草刈りなどを頼まれた時の相場が、時給千円ほどなのだそうです。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3


枇杷(ビワ)とブルーベリーの初収穫

2017/06/24 22:00
私の家のビワの木です。
4年前に植えたばかりなので、まだ小さいです。
今年は初収穫なので、何とか、100個ぐらいは欲しいと思い、袋をかけて大事に育てました。
画像

本日はその収獲。
肥料不足かな? 全体的に大きさは小さいです。あまり甘味もありません。まだまだ、研究の余地はありそうです。
画像


こちらはブルーベリー。まだ小さいけど、種類も色々、7本の樹があります。
植えた時は8本あったのですが、草刈りの時、誤って一本刈り払ってしまいました。勿体ないことをしました。
画像

実を付けているのは、3本。その中で、紫色に熟れているのは、今のところ一本だけです。
画像

収獲はたったこれだけです。寂しいですね。
ビワの方はまあまあ予定通りですが、ブルーベリーは、ジャム一瓶にもなりませんね。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


小麦の刈り取り

2017/06/21 22:37
小麦の栽培を始めて、もう4年になります。
最初の年は、一畝ほどの.狭い畑でしたけど、出来も悪く、10キロほどしか採れませんでした。
2年目は栽培面積を3畝に増やしました。豊作で56キロの収獲がありました。
3年目は(去年ですが)、36キロの収獲です。
画像

採れた小麦は、自分で製粉して、大体、5、6日に一回、ホームベーカリーでパンを焼いて食べています。
ここ2年ぐらいは、市販の食パンを買ったことはありません。
まあ、食パンなんて安いものですし、特に自家製のものにこだわりがあるというわけでもありませんが、折角自分で作っていますので、ずっと食べ続けています。
画像

で、今年もまた、ちょうど良い色に熟れてきましたので、一昨日、刈り取りをしました。
画像

刈り取った麦束は、運搬機で運んで、ビニールハウスの育苗室に運んでハサ掛けです。
育苗室だけでは場所が足りないので、半分ぐらいは、作りかけの木工作業場に竹を渡して干しました。ちょうど屋根までは出来上がっていたので、雨に濡れないところに干せて良かったです。
画像

2週間ほど干したあと、脱穀です。
今年は何キロ採れるでしょうか? 楽しみです。

記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


トウモロコシ、スイカ、さつま芋畑を網で囲う

2017/06/15 22:03
イチゴの収獲の盛期が大体終わりましたので、鳥よけの網を撤去しました。
このあと、7、8月頃にランナーから出た子株から、来年のための苗を取ります。ポットで苗を育て、10月頃に畑に定植。
畑の中で、来年の春に花が咲くまでじっと我慢、寒い冬を越します。そして、5月に実を付けます。
画像

イチゴは、実のなる期間はたった一か月弱と短いのに、一年中面倒を見てやらなければならず、結構面倒くさく、手間がかかります。
でも、毎年、美味しいジャムを提供してくれるので、作るのやめられませんね。
画像


さて、イチゴ畑に使っていた網を、今度はトウモロコシ畑に持って行って被せました。
トウモロコシとスイカ、さつま芋が並んでいるので、グルリと全部を囲みます。
画像

側面の緑の網だけでなく、上側も赤い網で覆っていますので、サルやイノシシだけでなく、.カラスなどの上からの攻撃からも守れます。
その外側には、電気柵も巡らせていますので、二重の防御、万全の態勢で臨みます。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3


イノシシよけ電気柵の修繕

2017/06/13 21:23
田植えも終わり、草刈りも済ませましたので、本日は田んぼの周りの電気柵の修繕です。
画像

昔(3、4年前まで)は、田植えのあと線を張って、稲刈りが終わったら柵は片づけていましたが、最近は年中イノシシが出没しますので、一年中ずっと、電気は切っていますが、線だけは残したままです。
画像

一年中、やりっ放しにしていますと、傷みも激しくなりますので、年に一回は線を張りなおしてやらなければなりません。
特に、木の杭は、2、3年で腐って折れてしまいますので、交換が必要です。
画像

古い杭を引き抜いて、新しい杭を打ち込み、線をピンと張りなおしてやります。
画像

これできれいになりました。
機械を設置して、電気を入れておきます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


大豆の芽が出ました

2017/06/10 20:00
大豆の芽がポツポツと出てきました。
今年は、3分の1ぐらいは鳩にほじくり返されて食べられると思っていましたが、意外と食べられてないようです。助かりました。
画像

画像

気をよくして、本日は畑の周囲の草刈です。きれいになりました。
ついでに、イノシシよけの電気柵も張っておきました。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


ピオーネのジベレリン処理

2017/06/06 21:57
私の家のピオーネの棚です。
本日はジベレリン処理の一回目を行いました。
画像

ジベレリン処理は、ジベレリンとフルメットという2つの薬剤を使用して、前後2回行います。
第一回目は、「種なし処理」で、ジベレリン25ppm、フルメット2、5ppmの溶液に浸すのだそうです。ppmという値がどのぐらいのものなのかは全然見当もつきませんが、説明書に書いてある分量通りに水溶液を作りました。
画像

その前に、花穂の整形の段階で、このように先端を3、4センチだけ残して、あとは摘み取ってしまいます。
えーっ、こんなに小さくしてしまって、本当にいいのかな、と思うぐらい、大胆にむしり取ります。
画像

そして、こんな風に、水溶液の中に花穂の全体をポチャンと浸すのです。
容器が凸レンズのようになって、花穂が大きく見えますが、実際はこの半分ぐらいの大きさです。
画像

2回目は「玉太りを促進する処理」で、10日から15日後に、粒の大きさが大豆大になった頃に行います。

ブドウ作りも面倒ですけど、なかなか面白いですね。
プロの農家の方は大変だけど、私の場合は道楽だから、呑気なことを言っています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


朝顔の鉢植え

2017/06/04 20:16
朝顔の種を、ポットに蒔いて育てていましたが、大きくなりましたので、本日、植木鉢に移植しました。
画像

こんな風に、15鉢ほど植えて、去年と同じようにメロン温室の西側に並べました。
支柱は去年のをそのまま使っています。
画像

ここは西日があたって暑すぎるので、緑のカーテンで少しでも暑さをしのげたら、という考えです。
また花がきれいに咲いて、道を通る人の目を少しでも楽しませてくれたら良いかなと思います。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


大豆を蒔きました

2017/05/28 21:11
メロン温室のそばの、1畝ほどの畑です。
本日はここに大豆を蒔きました。
画像

中耕の時、管理機で耕しますので、畝を真っ直ぐに作っておく必要があります。
線を張って、30センチ間隔ぐらいで、棒でトントンと穴を開けて、その中に豆の種を蒔きます。
畝間は70センチです。と言っても、まだ畝は作りません。一回目の中耕のあと、株元に土を寄せて畝を作ります。
画像

一つの穴に3粒ずつ蒔きました。
今回は、去年収獲した自家製の種を使いましたので、量はたくさんあります。
画像

蒔いたあとは、クワで軽く土をかけておきました。
こうして隠しておいても、多分、いくらかは鳩とか野鳥にほじくり返されて食べられると思います。でも、私は寛大な人間ですので、怒ったりはしません。
今回は種はたくさん余っていますので、芽が出なかったところへは追加で蒔いておこうと思います。
画像



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3


田植えが終わりました

2017/05/25 22:11
23、24、25日と三日間かかって、やっと田植えが終わりました。
まだ、補植や機械の洗車、苗箱洗いなど、こまごまとした用事は残っていますが、取り合えず、植えるだけは終わったので、ホッと一息というところです。
画像

私は、4反6畝ほどの田んぼを作っています。
毎年、35俵から40俵ほどの収獲がありますが、私と女房の二人では、年間2俵ぐらいしか食べませんので、あとは親戚や近所の人に売ったり、JAに出荷しています。
JAに出荷して、30万ほどの収入を得ることが出来ます。勿論、月収ではありませんよ。年収です。(笑)
画像

定年退職後は、この年収30万と、私と女房の二人で貰える年金で、細々と暮らしているわけです。でも、お米と、野菜や果物などは結構自給していますので、食費はかなり助かっています。
よく、「定年後は貯金を切り崩して…」、なんて言われますが、私どもはあまり買い物はしませんし、つましい暮らしをしていますので、これだけで充分やっていけています。
それどころか、少しずつなら、貯金もしているぐらいです。
画像

おやおや、田植えの話を書こうとしていたのに、ありきたりの生活の記事になってしまいました。
まあ、この歳になっても、こうやって田んぼの中を元気で歩き回れるのも、今のところいたって健康だからでしょうね。
どうこう言っても健康が第一です。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


ピオーネの屋根の張替え

2017/05/23 21:41
ぶどう棚の屋根。
去年の秋に収穫した時のまま、放っておいたので、屋根のビニールがボロボロです。
画像

本来なら、収穫後にキチンと古いビニールは剥がし、2月に剪定を済ませた後、病害を防ぐためには、3月には新しい屋根を張った方が良かったのですが、ついつい、忙しさにかまけて放ったらかしにしてしまいました。
画像

もう花穂が出て随分経ちますので、この頃では、摘穂や、もうそろそろ花穂の整形もしなければならない時期ですが、ようやく今日、新しいビニールに張り替えることが出来ました。
画像

まあ、たったこれだけの小さいぶどう棚ですから、新しいビニールをパサッと被せて、パッカーで留めるだけなので、チャチャッと30分もあれば出来ることで、そんなにあれこれ悩むほどのことでもありませんでした。
画像

取り合えず、こんな感じで出来ました。
梢の誘引と、花穂の整形も、やり方は今一よく解かりませんが、一応やっておきました。
6月になったら、ジベレリン処理、7月には袋かけをします。
なかなか、忙しくなってきました。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


本日は代掻きです

2017/05/20 19:42
稲の苗の方は、だいぶん大きく成長してきました。
この調子ですと、予定通り、24、5日頃に田植えが出来そうです。
画像

代掻きをしてから、田植えまで、あまり日にちを開けすぎると、土が固くなって復元力がなくなり、「浮き苗」が多くなってしまいます。逆に、日にちが短すぎると、土が柔らかすぎてフニャフニャし、真っ直ぐ植えられません。
田植えの4、5日前に代掻きをするのが、.ちょうど良いそうです。
画像

と、言うわけで、田植えの予定日から逆算しますと、今日、明日あたりがちょうど良さそうなので、今日から代掻きを始めました。
画像

でも、暑い暑い! カンカン照りで30度ぐらいはありそうです。
田んぼの水面の照り返しがあるので、よけいに暑く感じます。紫外線も強そう。
もうあまり、お肌に気を遣う歳でもありませんが、一日で真っ黒に日焼けします。熱中症にも気を付けないとね!
休み休みやっています。
画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3


長芋のマルチと支柱

2017/05/18 20:51
4月の中頃に植えた長芋の畝です。
芽が全部出そろってからマルチをかけようと考えていましたが、5本出ただけで、あと全然出てきません。
お天気の良い日が続いたので、土の中で干からびてしまったかも知れません。
画像

いつまでも放っておいても、草ぼうぼうになるばかりなので、本日、ザッと草取りをしたあと、マルチをかけました。
画像

このマルチは表が白くて裏が黒いという変わったマルチです。「リバースマルチ」と言って、表裏、用途によってどちらを上にしてもよいのだそうです。
白色を表にすれば、光の反射性が良く、熱気を遮断し、地温を抑制します。黒を表にすれば、保温性マルチになるのだそうです。
自然薯や長芋の場合は、白を上にしてかけます。
画像

マルチのあとは、支柱を立てて、去年きゅうりに使った古いきゅうりネットを張っておきました。
長く伸びたツルをこれに這わせます。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


イチゴの初収穫

2017/05/16 19:14
今年度、初収穫のイチゴです。まだちょっと甘みが足りません。酸っぱいです。
もっともっと、お日様の光をいっぱい浴びると、だんだん甘くなってきます。
画像

八百屋やスーパーで売っているもののように、形や色の整った、きれいなイチゴではありませんが、新鮮なだけが取り柄です。
今年も、美味しいジャムをたくさん作ってもらえそうです。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ビワの摘果と袋かけ

2017/05/14 20:29
このビワの木を植えたのは、よく覚えていませんが、もう4、5年も前になるかと思います。
一昨年、初めて実を付けたのですが、摘蕾や摘果の時期や方法がよく解からなく、放ったらかしにしていましたので、ビー玉ぐらいの小さい実がほんの少ししか成りませんでした。
画像

去年は、冬の間に霜にやられて、あえなく全滅。
今年の冬は、同じ轍を踏まないようにと、寒冷紗でぐるりと木全体を囲って霜対策しておきました。
それでも少しは霜にやられましたが、いくつかは生き残って、だんだん実がふくらんできました。
画像

やり方がまだよく解かってないのですが、なるべく大きいようなのを、一房に5〜10個残すようにして摘果し、取り合えず袋をかけておきました。
画像

何分、初めてのことなので、うまく育つかどうかは解りません。
収獲は6月頃。
今年はビワジャムが食べられるかな? 100個ぐらいは採れるといいですけどね…。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


椎茸ホダ木の本伏せ

2017/05/11 23:35
3月の中頃に、山から伐ってきた椎茸の原木に菌を打ち込み、一か月半ほど仮伏せしていました。
画像

本日は、そのホダ木を、家の裏の木陰になっているところに本伏せしました。
立木の間に竹の竿を渡して、その上に25本ほどのホダ木を両側から立てかけています。
画像

伏せ込みに適した場所は、風通しが良く、雨が良く当たる場所で、西日が当たらないところなのだそうです。
あまり日の当たらない、湿蔭地も良くないそうで、そういう意味では、この場所はまあまあ適している場所ではないかと思います。
画像

本当は、山の中の、木漏れ日の少し当たるぐらいの、涼しい杉かヒノキの林の中あたりが一番良いかと思いますが、近所の人がそういう場所で、結構たくさん作っていたのですが、サルにやられて、小さいのまで全部きれいに食われてしまったのだそうです。
画像

まあ、そういうわけで、家のすぐ裏なら、さすがにサルもここまではやって来ないだろうと思い、ここに決めました。でも、茸が生えてくるのは来年の秋ぐらいからですので、まだ先の話ですけどね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


その後の苗床の様子

2017/05/10 20:21
4月22日に、苗箱に種を蒔き、田んぼの畝に並べて苗代を作りました。これはその時の写真。
画像

5月3日、上に覆っていたビニールを剥がしました。
苗の長さは大体3、4センチ。大きいのや小さいのや、まだ不揃いです。まったく生えていないところもあります。
画像

下は5月10日現在の様子。
だいぶん、色や大きさも均等に揃ってきました。長さは、7、8センチぐらいです。
画像

画像

田植えの予定は24、5日頃です。
それまでに16、7pぐらいまでに育ってくれるとよいのですが…。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

「仕方なく」百姓やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる