「仕方なく」百姓やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎暮らしで、一番やりたくないこと

<<   作成日時 : 2018/02/07 10:56   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

私が田舎で暮らしていて、一番やりたくないこと。
それはトイレの汲み取り作業です。
わたしの家のトイレは、昔ながらの、臭突ファンのついた汲み取り式のトイレです。
昔は、「こえかつぎ」と言って、汚物をオケに入れて、天秤棒でかついで運んでいました。
汚物は近くの畑に運んで、溝を掘ってぶちまけます。溝は土をかぶせて埋めますので、臭気でご近所に迷惑をかけることはありません。
画像

3年ほど前からは、タンクと運搬機を使っています。
タンクですと、ピッタリと蓋が出来ますので、天秤棒のようにピチャピチャと跳ねることもなく、ウッカリ滑って転んで、悲惨な結末になることもないので安心です。
でもやっぱり、正直言って、臭うし、汚いし、あまりやりたくはない仕事ではあります。

今では私どもの田舎でも、ポットントイレは少なくなり、簡易水洗にして、汲み取り業者を頼む家がほとんどになりました。私も、汲み取り屋さんを頼むぐらいのお金がないわけではないのですが、まあ、私には、ちょっと妙なこだわりがあるんですよね。
まあ、どうでもよいと言えば、どうでもよいことなのですが、なんかこう…、お金を払って、汚いものの処理を人様に任せるというのがどうも…。
そういうのが、何か、イヤなんですよね。
画像

大体、私は、人様のお世話になるというか、人様にサービスをしていただくというのが、あまり好きではありません。
外国のホテルとかに行きますと、よくポーターがスーツケースを部屋まで運んでくれたりしますよね。あれが嫌なんです。
スーツケースぐらい自分で運べるわい、と思うのですが、ポーターというのはそれが仕事で、それでメシを食っているのだから、断ってはいけないのだそうです。
あと、レストランとかで、ボーイやウエイトレスが、人が食事をしているあいだ中、ずっと後ろに立っていることがありますが、あれも嫌ですね。ソワソワして落ち着けず、メシが喉を通りません。
ガソリンスタンドで店員が車の窓を拭いてくれるのでさえ、「あ、どうも済みません」と、ついつい頭を下げてしまいます。
画像

電車やバスに乗るのは平気ですが、タクシーに乗るのは苦痛です。タクシーの運転手さんに、何か話しかけなければいけないかなー、とかついつい気をつかってソワソワしてしまうんですよね。

人にそういう話をしますと、「小心者」とか、「田舎者」とか言われて笑われてしまいます。
あはは、これじゃ、都会ではとても生きていけませんな。
山奥でひっそりと暮らしていくしかなさそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、神戸の60代の定年間近の者です。
田舎暮らしを夢見て、あちらこちらのブログを覗かせてもらっています。
トイレのご苦労もあるのですね、人さまにまかせるのはとの、お気持ち良く分かります。
aiai
2018/02/08 12:40
aiaiさん、コメントありがとうございます。
田舎暮らしは楽しいことばかりではありません。トイレの苦労など、辛いこともあります。
でも、楽しいことの方が、圧倒的に多いですよ。
頑張ってください!
漂流
2018/02/08 18:40
御苦労様です。
ニックネーム、「さん」を取ります。おかしいですよね。
実は私も、お店でお茶など注いで貰うと、つい頭を下げてしまいます。
偶然ですが、私、「し尿、下水」のプラントの仕事をしていました。
なにか懐かしい臭いがします。
私の育った家も二本橋のポツトン便所でした。
原発をトイレのないマンションと言うようですが、漂流さんに頭が下がります。では、又。
トモ
2018/02/08 19:00
トモさん。
阪神淡路大震災の時、水が流れなくて、公衆トイレがメチャメチャに溢れていたのをテレビでみました。
今回の北陸の雪でも、物資が届かなくて、スーパーやコンビニが空っぽになっています。
都会での生活が、いかに脆い砂の橋脚の上に成り立っているか考えさせられます。
私は、しっかりと地に足の着いた生活をしたいのです。
漂流
2018/02/08 21:02
小学校5年の時の先生が8ミリを持っていて、お百姓のし尿処理を子供たちが演じるビデオを撮影しましたねえ。思い出しました。
稲刈りの手伝いをしてくれる孫たちのために、田んぼの小屋にポットン便所を作りましたが、誰も使ってくれません。怖いそうです。

人の手助けを生業にしている人がいることも事実ですので、そういうところではそれに従って。ます
ジャッキー
2018/02/09 09:23
子どもの頃はポットン便所が怖かったですね。
落ちるんじゃないかと思ったりして。
漂流
2018/02/09 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
田舎暮らしで、一番やりたくないこと 「仕方なく」百姓やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる